合宿免許と通学の違い

###Site Name###

自動車の運転免許証をこれから取りたいという場合に、自宅からドライビングスクールに通学するという従来の方法にするか、それとも合宿免許のプランに申し込むかというのは、それなりに悩むところかもしれません。

自宅からの通学にも当然合宿免許にはないメリットはあり、それは本人のつごうにあわせて受講ができるというペース配分にあるということがいえるでしょう。



しかし、通学の場合には、技能教習などが予約制になっていて、本人のつごう優先とはいっても、なかなか思い通りに予約がとれないということも少なくはなく、卒業するまでにあまりにも長い時間がかかってしまうことがあります。



このマイペースというのが仇になって、少なくとも数か月、場合によっては半年程度を卒業までについやしてしまうということも、考えなければならないでしょう。いっぽうの合宿免許ですが、2週間程度というごく短期間で、学科教習や技能教習などを集中的に受けることになりますので、ほとんどの場合がこの最短日数での卒業が可能です。



夏休みや冬休みといった、まとまった時間がとれるような環境であれば、むしろ合宿免許のプランを使ったほうが、効率的に免許取得までこぎつけることができるため、たいへんメリットが大きいといえます。

合宿免許といっても、1日のすべてが教習というわけではなく、その日の日課が終わればあとは自由時間となりますので、もしも宿泊先が観光地の近くにある場合には、余暇を観光に使うこともできて一石二鳥です。


PAGE TOP